いざという時のために相続税の知識を

相続税という言葉を、ドラマや映画でよく聞いたことはあっても、実際の生活の中で関わることはあまりないかと思います。
とくに若い方々は、身内の死に直面することもあまりなく、身近なこととして感じにくいかもしれません。
やはりこの文字だけを見てもぴんときません。どのような時に発生する税金なのでしょうか。
相続税がどのようなものかというと、親族が亡くなったことにより、その財産を前の代から受け継いだ場合などに発生する税金のことです。
なぜその際に税金が発生するのかというと、まずひとつめの理由は、偶然に財産を得たという不労所得であること。
そしてふたつめに、特定の人に財産が集中することをおさえるため。とされています。
しかし相続税がかからない財産もあり、その財産のことを非課税財産といいます。
たとえば、お墓です。仏壇、位はい、神棚などは、非課税とされています。
そのほかにも死亡退職金は、例外もありますが、500万円×法定相続人の数、について非課税になっています。
亡くなった方のための死亡退職金とは別に、花輪代や弔慰金をもらうこともありますが、弔慰金も一定の金額までは非課税財産です。
fthrrstsr
あとは国や地方公共団体への寄付をした場合などです。
少しむずかしく、財産分与の機会がないかぎり、あまり知ることのないお話です。
しかし故人が家族のために最後に残してくれたお金の事情を、いざという時のために少しずつ知っていくことも大切かもしれませんね。
税法では「こうした物は普通は対象にしないけれど、この法律では対象にします」といった趣旨の条文がたくさんあります。
これは税法という法律の特性から生まれる物です。
税法は社会全体で公平に課税を行うため、お金のある人からはたくさんとるという考え方をしています、
相続税でもその考え方は浸透しており「みなし相続財産」というものがあります。
今回は「生命保険金」についてご紹介しましょう。
生命保険金は誰が保険料を支払っていたか、誰が保険金を受け取ったかによって税金のかかり方が変わります。
すなわちもらい方によっては相続税として扱われず所得税として扱われることがあるのです。
まず相続税法で想定している一般的なみなし相続財産の相続は「被相続人(死亡した人)が保険料を支払い、法定相続人(受け取る人)が保険金を受け取る」という例です。

これは相続税法でも一定の非課税枠が用意されています。相続税についてお悩みの方、相続税のご相談は税理士法人チェスターまでどうぞ!あなたのお悩みをきっと解決してくれます。
次に非課税枠は用意されていないものの相続税として扱う場合をご紹介します。
これは「被相続人が保険料を支払い、法定相続人以外に相続させた」場合です。
「遺贈」という行為にあたり、相続税の対象になるものの普通では起こりにくいため非課税枠もありません。
また子を契約者と受取人としていた場合、相続税法ではなく所得税法で所得税をかけられます。
妻を契約者とし受取人を子供とすると、今度は贈与税の扱いになります。
これらの扱いはケースバイケースですから必ず税務署に確認しましょう。

更新情報