新着情報

●2015/12/13
フェイスリフトの種類についての情報を更新しました。
●2015/12/08
マリオネットラインに最も適している治療法はコレ!を新規投稿しました。
●2015/12/07
マリオネットラインとは?その原因と治療法を探るを新規投稿しました。
●2015/12/06
フェイスリフトとその深さについてを新規投稿しました。
●2015/12/05
フェイスリフトが向いている人を新規投稿しました。

フェイスリフトの種類について

年齢とともに皮膚はたるんできますので、なんとか若く見せたいと思ったらリフトアップする必要があります。

整形手術でリフトアップすることは可能ですが、切らない方法がいま話題です。

フェイスリフトの種類について

顔のリフトアップを目的にしている美容整形というのは色々と実は種類があります。例えば手術として切開するリフトアップもありますし、糸を使って皮膚を引き上げる方法があります。この糸を使った皮膚の引き上げがいわゆる切らないと言われている方法です。糸を使って皮膚を刺激して、肌の質を上げるという方法もあります。高周波、超音波、レーターなどを当てて照射系で治療をするという方法もあります。またヒアルロン酸やボツリヌス菌などを注射してリフトアップするという方法もあります。

種類がたくさんあるけれど

こうしてみてみただけでも5種類ほど種類があるのですが、この中からリフトアップをするとしたらどれを選べばいいのか迷ってしまいます。どのようにして選べばいいのか、それぞれに違いがありますので、その違いをしっかりと理解しておく必要があるでしょう。切るタイプと切らないタイプでは肌への施術の内容が大きく違っていますので、それだけ痛みや侵襲なども違ってくると考えられます。もしこれから受けようとするならば何を基準にこの数多くの方法から選ぶのでしょうか。

部位で選ぶ

それぞれの部位によって施術の方法が違っているので、どこの部位を施術したいか、それによって選ぶことも可能です。
kuukyd
リフトアップをしたいと思ったらどこの部位をするのか、それによって方法が違ってきます。切らない方法は体への負担も少なくて安心ですから今人気があり、受ける人が増えています。
これまでのフェイスリフトの方法だとしわを単純に除去する方法でしたから、切除する方法がメインでした。

しかし現在の方法はしわを引き上げてたるみと共になくすという、切らない方法がメインになっています。

体への負担が少ない

従来の切開するタイプのリフトアップではメスを入れて皮膚を切開するということからもわかるように肌への負担は大きかったです。肌だけでなく気持ち的な負担も、そして施術後の傷に対しての負担などもありましたから、影響は大きくリスクも大きかったです。この侵襲の大きさに比例するように、効果は上がっていました。さまざまな方法でこれまでは切開して行われていたのですが、実際はアグレッシブな方法は長続きしないこと、良い結果が必ずしも出るとは限らないことがわかってきたために切らない方法も検討され始めたのです。

ローリスクでローリターン

ハイリスクとハイリターンだった切開するタイプに比べると、ダウンタイムもほとんどありません。ダウンタイムというのは施術を受けてから、効果が出るまでの時間です。ダウンタイムがないということは施術を受けてすぐにでも、効果を実感することができるのです。

現在主流のリフトアップといえば

現在主流となっているリフトアップの方法といえば、糸を使った方法です。効果はすぐに現れますし、リスクもほとんどありません。正しい施術を受けなければ効果が長続きしないこと、そしてトラブルなどもありますので、完全にリスクがあるとは言えないのですが、従来のように、皮膚を傷つける方法と比べると安心して受けることができるので手軽になりました。

リフトアップの方法は色々とあるのですが、皮膚への侵襲が少ない方法が人気があり安心です。