マリオネットラインとは?その原因と治療法を探る

女性のたるみの中で身近でありながら気になるものと言えばマリオネットラインだと思います。
マリオネットラインとはどのようなもので、どのような治療が必要なのでしょうか。

マリオネットラインとは?

唇の両脇からあごにかけて伸びる二本の線で、あまり深くなってくると口をパクパクさせる人形のような印象を与えるたるみによるしわの一つです。
腹話術師が使うマリオネットの口に似ている事からこの名称が付いたと言われています。
このマリオネットラインがあると、実年齢以上に老けて見える事はもちろん、放置しておくとどんどん溝が深くなっていくので早めに治療する事がおすすめな部位です。

マリオネットラインの原因とは?

先ず頬の皮膚や筋肉がたるんで脂肪が垂れて来た事が挙げられます。
脂肪は重力に逆らう事無く垂れ下がってくるので、こうした線が出来てしまうのです。
他には口元から下あご、首にかけて広がっている広頚筋と言う筋肉のたるみも考えられます。
口角下制筋と呼ばれる口の両脇にある口角を動かす時に使う筋肉の衰えなども原因として考えられます。

マリオネットラインの治療法はどのようなものがあるのでしょうか

マリオネットラインの治療法としては、「フェイスリフト」の中でも注入系の治療がメインとなっているそうです。
注入系の治療とはヒアルロン酸等の注入を行う施術の事です。
マリオネットラインは、筋肉のたるみ、たるみによる脂肪の下垂が原因で出来る溝のようなものなので、その部分に適切な量のヒアルロン酸等の注入を行う事で、改善が見られるのです。
改善が見られるだけでは無く、治療法としても有効性が高いと言う事もあり、現在のところでは注入系の治療がメインで行われる事が多いと言われています。

関連する記事